新橋 酒亭・鹿又さんでマリアージュイベント開催します。【5月10日】

5月10日に開催のシノハラ主催のイベントを開催します。

「和食とロワールワインのマリアージュ検証会
「ヴーヴレイ古酒を愉しむ会」

の2部構成です。

酒亭 鹿又

会場の新橋 「酒亭 鹿又」さんは、気取らない、でも本格的な和食が楽しめる素敵なお店です。

===================

ヴーヴレイ古酒を愉しむ

和食とロワールワイン マリアージュ検証会

===================
日にち:5月10日(日)18時~21時ごろ

会場:酒亭 鹿又
東京都港区新橋3丁目2−3 臼井ビルB1F
03-3504-8435
http://syuteikanomata.com/

定員:14名様

会費:おひとり様20,000円(税込)

お申込みは、info@onemoreglass.co.jp まで

※開催3日前以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料金を請求させていただきます。

 

<第一部>

「和食とロワールワインのマリアージュ検証会」
18-20頃
ロワールの典型的なワインをご用意し、和食との相性を探ります。
料理は鹿又さんおまかせ。
いつも丁寧な仕事の季節感ある和食を用意してくれています。
ワインは、7種ほど用意して開けておきますので、各自で「この料理にはこれが合うんじゃないのか」というのを、ご自由にお試しください。

半ば立食、半ば着席で、出席者全員で活発に意見交換しながら、「なんとなく和食に合いそう」なイメージのロワールワイン、実際のところどうなのか、を検証してみたいと思います。
お食事:鹿又さんおまかせの和食
ワイン(予定):ミュスカデ、サヴァニエール、シノン(赤)サンセール(白)サンセール(赤)など6,7種

 

<第二部>
「ヴーヴレイ古酒を愉しむ」
20-21頃
大変に酸の強い品種であるシュナン・ブランを使い、やや甘みを残して作る事の多いロワール地方ヴーヴレイのワインは、世界のワインの中でも最も長命なものの一つに数えられています。
80年代位までのものは手ごろな価格で手に入り、そういう意味でも楽しめる銘柄です。
今回はフランス全土のビッグヴィンテージ゙1961年、そして今から80年前の1934年のものをご用意。

果たしてヴーヴレイはどの位もつのか?80年熟成したヴーヴレイはどんな味わいか?
その辺を皆さんで体験してみましょう。
(美味しくなくても、ご愛嬌でヨロシク!)

造り手はヴーヴレイではこの生産者の右にでるものなし! という、Huetユエです。

Vouvray Huet

ご用意するワイン

2007 Vouvray Pétillant, Cuvée Brut (Huet)
1989 Vouvray, Le Haut-Lieu, Moelleux, Première Trie (Huet)
1961 Vouvray, Le Clos du Bourg, Moelleux (Huet)
1934 Vouvray, Perlant (Huet)
輸入はすべてBerry Brothers & Ruddです。

 

 

※おひとり様 各50cc 程度
※古酒の特性をご理解の上、お申込みください。
※輸送等に由来するコンディション不良が明確な場合、会費の一部を返金等での対応とさせて頂きます。
※グラスの数に限りがありますので、マイグラス持参歓迎 です。